ホームへ戻る 事務所だよりへ アクセス・連絡先へ リンク集へ
その他

その他−エッセイ

沖縄にて/あざやかな夏空の下でつづく異民族支配

  普天間よ!そこはアメリカか?

沖縄に長期出張しています。心を込めて送り出していただきありがとうございました。

元気にしています。6月に、「鼠径部ヘルニア」で小さな手術入院をし、ご心配をおかけしましたが、無事回復して、再び歩み出しています。

宜野湾でまずぶつかるのが、「世界一危険な基地」をアメリカが自認する普天間です。住宅が密集し、曲がりくねった道路に車が溢れている喧噪の町の中央を占める広大な空間。騒音で住民を苦しめる軍用機が、そこでは静かに休み、ゆったりとした米軍人用住宅が点在しています。

フェンスに近づくと、《許可なく立ち入ったなら日本の法律によって罰せられる》とした、日米両語の警告文にぶつかります。発信者のない法的体裁の文面。江戸時代の「高札」に比べてさえ、故意にあいまいに表現することで、その分、脅しの効果を高めた文章です。

  沖縄は、今も異民族支配の下にある。これが39年経っているはずの「祖国復帰」を吹き飛ばしてしまう現実であることが、日の浅い観察者にもわかります。眼前には、海の碧と一体のあざやかすぎる夏空が拡がっています。沖縄の未来が、その先にきっと開けます。皆様のご健勝を。

弁護士 小林 武

このページの先頭にもどる

名古屋南部法律事務所とは?へ アクセス・連絡先 弁護士紹介へ 相談案内へ 弁護士費用へ 事件紹介へ お知らせへ 文化コーナーへ その他へ

個人情報保護方針
相談予約のお申し込み

弁護士法人

名古屋南部法律事務所

〒460-0024
名古屋市中区正木4丁目8番13号 金山フクマルビル3階
TEL:052-682-3211
FAX:052-681-5471

平針事務所
〒468-0011
名古屋市天白区平針2丁目808番地 ガーデンハイツ平針1階
TEL:052-804-1251
FAX:052-804-1265

QRコード RSSフィード