ホームへ戻る 事務所だよりへ アクセス・連絡先へ リンク集へ
その他

その他−憲法をいかす名南連絡会

憲法をいかす会ニュース No.3

憲法を踏みにじる有事関連7法案

米軍の戦争支援のため自衛隊と国民を大動員する体制づくり

法案成立を許さない取り組みを広げましょう

小泉内閣は3月9日、有事関連7法案等を国会に提出しました。有事関連法案は、米軍が起こす戦争を支援し、米軍の軍事行動の円滑な遂行を保障するためのあらゆる仕組みをつくり出すものです。

アメリカが、イラク戦争にあらわれたように国連のルールを踏みにじった先制攻撃戦略をむき出しにしているときに、日本がこのような危険な法律を制定することは、憲法9条をかなぐり捨てて、アメリカの同盟国として世界の平和に挑戦する道へと歩み出すことになります。有事法制は、アメリカの先制攻撃戦争に自衛隊ばかりか、国民全体を動員する枠組みをつくり出すものです。

運輸・医療労働者や自営業者が戦時体制に

今回提出された法案は、国民の土地家屋、物資を強制的に取り上げたり、医療や輸送に労働者を強制動員するなど、「国民保護」の名前で国民を戦争に動員する「国民保護法案」、米軍車両が日本の車両運行を無視して緊急通行できるなど、米軍の戦争への支援を無制限に拡大する「米軍行動円滑化法案」、自治体・公共施設の使用を軍事優先にする「特定公共施設利用法案」などです。これらの法制が成立すると、名古屋南部地域で輸送活動に関わる運輸労働者、医療労働者、物品を扱う自営業者などが、戦時体制に強制的に組み込まれていくことになります。

4月14日(水)に緊急学習・討論集会開催

地元国会議員等への要請活動を具体化します。

名南連絡会議では、4月14日(水)午後6時30分から、名古屋市都市センター(金山)で、有事関連法案の具体的な内容や、名古屋南部地域への影響を考える緊急の「学習・討論集会」開催します。

また、その討論結果を踏まえて、廃案を求める国会議員への地元や東京での要請行動に取り組みます。みなさんの参加をお願いします。

ウルトラ右翼の「帝国憲法の復活論」(自民党・平沼衆院議員)に驚き

日本国憲法は、制定以来50年以上変わっていないから時代遅れというのが、憲法改悪を推進する人たちの議論ですが、何と戦前の「天皇主権の明治憲法に復帰せよ」との主張が、自民党の機関誌に堂々と掲載されています。憲法改正の動きの拡大は、国民主権や人権保障、平和主義に敵意を示す、このような人々を元気づけているのです。
「市民が主役」の民主党や「平和の党」を掲げる公明党は、同じ穴のムジナで良いのでしょうか。よ〜く考えて欲しいと思います。

学習会の開催や「平和憲法を守る」訴えをさせてください

名南連絡会議では、平和憲法を学ぶ学習会に講師を派遣します。また役員会、執行委員会、大会などの場で、名南連絡会議から5分から10分程度「平和憲法を守る」訴えをさせてください。日時、場所をお知らせいただけば、名南連絡会議の幹事・事務局などが可能な限り駆けつけます。

3月の幹事会は19日、4月は12日に開催

幹事でない方も自由に参加下さい。

宣伝行動

3月19日(金)と4月12日(月)の拡大幹事会前に、5時30分から名鉄神宮駅前で「イラク派兵反対・憲法9条を守れ」の街頭宣伝行動に取り組みます。会議は宣伝行動終了後の6時45分頃から名古屋南部法律事務所にて開催します。街頭宣伝から参加できる方は5時30分にぜひ名鉄神宮前へ。


憲法をいかす名南連絡会議 
〒456−0031 名古屋市熱田区神宮2−6−16 南陽ビル 
電話052(682)3211 ファックス052(681)5471 

このページの先頭にもどる

名古屋南部法律事務所とは?へ アクセス・連絡先 弁護士紹介へ 相談案内へ 弁護士費用へ 事件紹介へ お知らせへ 文化コーナーへ その他へ

個人情報保護方針
相談予約のお申し込み

弁護士法人

名古屋南部法律事務所

〒460-0024
名古屋市中区正木4丁目8番13号 金山フクマルビル3階
TEL:052-682-3211
FAX:052-681-5471

平針事務所
〒468-0011
名古屋市天白区平針2丁目808番地 ガーデンハイツ平針1階
TEL:052-804-1251
FAX:052-804-1265

QRコード RSSフィード