ホームへ戻る 事務所だよりへ アクセス・連絡先へ リンク集へ
文化コーナー

文化コーナー−事務所界隈

【00.01.01】事務所界隈・二十五丁橋

なんぶ 2000.1.1号より

  毎年、初詣で賑わう熱田神宮。参道からは少しはずれているため、目にする人は少ないのですが、境内に名古屋最古と言われる石橋があります。板石が二十五枚並んでいるところから、名付けて「二十五丁橋」。

かの西行法師がここで休んだという伝説もあり、かつては有名な橋だったようです。 たもとには、次のような「名古屋甚句」の碑も立っています。
「宮の熱田の二十五丁橋で/西行法師が腰をかけ/東西南北見渡して/これ程涼しい此の宮を/たれが熱田と名を付けた」

おあとがよろしいようで…。

このページの先頭にもどる

名古屋南部法律事務所とは?へ アクセス・連絡先 弁護士紹介へ 相談案内へ 弁護士費用へ 事件紹介へ お知らせへ 文化コーナーへ その他へ

個人情報保護方針
相談予約のお申し込み

弁護士法人

名古屋南部法律事務所

〒460-0024
名古屋市中区正木4丁目8番13号 金山フクマルビル3階
TEL:052-682-3211
FAX:052-681-5471

平針事務所
〒468-0011
名古屋市天白区平針2丁目808番地 ガーデンハイツ平針1階
TEL:052-804-1251
FAX:052-804-1265

QRコード RSSフィード