ホームへ戻る 事務所だよりへ アクセス・連絡先へ リンク集へ
事件紹介

事件紹介−法律トピックス

法律相談:派遣労働者の権利

南太くん 最近、派遣(ハケン)がいろいろとマスコミを賑わせているけど派遣ってそもそも何なのかな?

法子さん
 普通、会社などで雇われて働くときには働く会社に直接雇われるでしょう?でも、派遣の場合には、雇われるのは派遣会社で、働く先は派遣会社と契約している派遣先企業なの。

南太 そうか、派遣っていうのは三角関係なんだね。でも、働く先と雇われる先が違うと不便じゃないのかな。

法子 そうなの。三角関係だと労働者の立場が不安定になるし、派遣会社が労働者を「売り買い」することになるからずっと禁止されてきたのよ。

南太 でも今はテレビCMを出すような大きな派遣会社も沢山あるね。

法子 労働者を直接雇用する「コスト」を嫌う経済界の要請を受けて、本来禁止だった派遣を、どんどん認める方向になってきたの。でも、今でも労動者派遣事業の許可を受けた者でなければ労働者の横流しは禁止なの。それに、港湾や建設など今でも労働者派遣を禁止している分野があるのよ。

南太 そうなんだ。だから「偽装請負」っていう「派遣もどき」が問題になっていたんだね。ところで、派遣ってどんな点に特徴があるのかな?

法子 法律上は普通の労働者と同じ。最低賃金や労働時間、有給休暇等はもちろん法律の適用を受けるのよ。それに健康・身体に配慮する義務(安全配慮義務)は、働く先も雇い先も両方が負う、という裁判例があるわ。

南太 いったん派遣になるとずっと派遣のままなのかな?

法子 派遣労働者は臨時の必要があるときにだけ雇えるもので、正職員の代わりとして雇ってはいけないの。だから、一般的には3年以上同じポストに派遣労働者が働いている場合には、派遣法の手続きに従って、派遣先企業に対して、直接雇いなさい、と言えるのよ。

南太 でも一人では何かと不安だな。

法子 そうね。派遣労働者はとりわけ弱い立場に置かれているから、困ったことがあったときに我慢してしまうことが多いかも。でも、弁護士への法律相談なら秘密も守られるから、相談するだけでもしてみたらどうかな。収入が多くない場合には、法律扶助登録弁護士への法律相談なら、相談料を援助してもらえることもあるのよ。

南太 相談してみるのが大事だね。

弁護士 田巻 紘子

このページの先頭にもどる

名古屋南部法律事務所とは?へ アクセス・連絡先 弁護士紹介へ 相談案内へ 弁護士費用へ 事件紹介へ お知らせへ 文化コーナーへ その他へ

個人情報保護方針
相談予約のお申し込み

弁護士法人

名古屋南部法律事務所

〒460-0024
名古屋市中区正木4丁目8番13号 金山フクマルビル3階
TEL:052-682-3211
FAX:052-681-5471

平針事務所
〒468-0011
名古屋市天白区平針2丁目808番地 ガーデンハイツ平針1階
TEL:052-804-1251
FAX:052-804-1265

QRコード RSSフィード