ホームへ戻る 事務所だよりへ アクセス・連絡先へ リンク集へ
事件紹介

事件紹介−法律トピックス

法律相談・離婚と年金分割

弁護士 勝田浩司

【Q】 離婚の際に夫婦の年金を分割する制度ができたと聞きましたが。

【A】 ええ。夫婦が離婚する際に、厚生年金・共済年金が分割される制度ができました。

【Q】 どうしてそんな制度ができたのですか?

【A】 例えば夫が会社に長い間勤務していて年金がもらえる年齢に達するまでに離婚してしまう場合、従来は妻が夫の年金を分割してもらえる仕組みになっていないかったため、妻の長年の貢献が報われないことになり、不公平であるということから設けられたものです。

【Q】 いつからそうなるのですか。またどういう内容なのですか。

【A】 二段階に分れています。まず、2007年(平成19年)4月1日以降の離婚について、夫婦の合意又は家庭裁判所の決定があれば「婚姻期間中の年金の保険料納付記録(報酬比例部分)」を分割することができます。
分割割合の上限は「婚姻期間中」の夫婦の保険料納付記録の合計の半分とされ、将来にそれぞれが受ける年金の金額は分割後の保険料記録をもとに算定された金額ということになります。

単純に「年金額を半分にする」ということではありませんので注意して下さい。
また、離婚後2年以内に請求する必要があります。

次に、2008年(平成20年)4月1日以降の離婚については、社会保険庁に請求をすれば、「婚姻期間(かつ第3号被保険者《例えば専業主婦》の期間)中の年金の保険料納付記録」を自動的に分割することができます。
ただ、これは、「同日以降の期間」の分が対象になりますので、同日以前の期間の分については、前述した合意または家庭裁判所の決定が必要であることに注意してください。

【Q】 この制度を利用するかどうか決めたいのですが、どれくらいの金額がもらえるか教えてくれるのですか。

【A】 実際の計算は簡単ではありませんが、これらの制度を利用するための情報提供制度が本年10月に新設されることになったので社会保険事務所に問い合わせて見て下さい。

*今後、離婚を考えようとする方、現在離婚手続中の方は年金分割制度の利用をご検討下さい。

このページの先頭にもどる

名古屋南部法律事務所とは?へ アクセス・連絡先 弁護士紹介へ 相談案内へ 弁護士費用へ 事件紹介へ お知らせへ 文化コーナーへ その他へ

個人情報保護方針
相談予約のお申し込み

弁護士法人

名古屋南部法律事務所

〒460-0024
名古屋市中区正木4丁目8番13号 金山フクマルビル3階
TEL:052-682-3211
FAX:052-681-5471

平針事務所
〒468-0011
名古屋市天白区平針2丁目808番地 ガーデンハイツ平針1階
TEL:052-804-1251
FAX:052-804-1265

QRコード RSSフィード